Menu

どのような方法が効果的?パーソナルトレーニングジムでの集客方法とは?

パーソナルトレーニングジムを開業する時、利用者を集めることが大切です。継続的に運営をしていくためには、少なくても1週間に2人~3人のトレーニングができるといいでしょう。最終的にはスタッフを雇ったり、ジムが有名になったりすることを目標にするトレーナーもいらっしゃるのではないでしょうか。

これから、パーソナルトレーニングジムの集客方法についてご説明します。

「ジムに通うならパーソナルトレーニングジムがおすすめな理由」

まずは、集客したいターゲットを決めよう!

パーソナルトレーニングジムの利用者を集めたい場合、最初に広告を出すことが多いです。例えば、地元誌への掲載や折り込みチラシ・インターネット広告などがあります。また、ホームページの作成やSNSを利用するのもいいでしょう。

ただし、宣伝を出す際には、ターゲットになる人が見てくれることが大切です。むやみに宣伝を出しても、見込み顧客になりそうな人に情報が伝わらないと、意味がありません。パーソナルトレーニングジムでも、「本格的なトレーニングをする人」「体型改善や腰痛などの症状緩和」など、それぞれで最終目的が異なります。

開業するジムのターゲットを明確にしてから、それに合った宣伝方法を活用するといいでしょう。

パーソナルトレーナーのスキルや知識を伝えることが大切!

スポーツジムに通う場合、ジムの知名度や規模・通いやすさなどで決める人が多いです。一方、パーソナルトレーニングジムでは、特定のトレーナーから受けるトレーニングが目的であり、ジムの規模や通いやすさの優先度は低くなります。

例えば、「特定のトレーナーのトレーニングを受けるためなら、他県であっても通う」という人もいるのです。つまり、トレーナーのスキルや知識をしっかりと見込み顧客に伝え、トレーニングを受けたいと思う人を増やすことが大切です。

また、トレーニング後の満足度を高め、ファンになってもらえると、継続的な利用者も増えるでしょう。トレーナーのスキルや知識を見込み顧客に伝えるためには、得意分野を極めてから、宣伝できるといいでしょう。宣伝方法はホームページやチラシでも構いませんが、雑誌掲載やテレビ出演の方が集まりやすいです。

得意分野では、「身体機能解剖学が得意」「栄養学が得意」「ヨガを取り入れたトレーニングができる」など、見込み顧客が興味を持ちそうなキャッチフレーズなどを作成します。また、パーソナルトレーニングジムで使用するマシンを目的に利用する人もいるでしょう。

どのマシンを導入していて、どのような効果が期待できるのかを分かりやすく伝えると、見込み顧客が興味を持つ可能性は高いです。スキルや知識も大切ですが、トレーナー自身の雰囲気や指導方法も重要視されます。トレーナーの雰囲気や評価は、実際に利用している人の口コミで広まる場合が多いです。

まずは、現在の利用者を大切にして、トレーナーの実績も積んでいくといいでしょう。また、「実際は効果があっても、情報が少ないパーソナルトレーニングジム」「効果が出ているかは分からないが、実績などの情報が豊富なパーソナルトレーニングジム」だと、後者が選ばれやすくなります。

よって、実績などの情報をしっかりと伝えるためには、インターネットやテレビ・チラシなどの宣伝を使い、なるべく多くの人に見てもらえるといいのです。

インターネットを使って集客する時のポイントとは?

ホームページの作成やインターネット広告をすることで、効率的に多くの人にパーソナルトレーニングジムの存在を知ってもらえます。ホームページを作成した後は、SEO対策に力を入れるとサイトへの訪問者数を増やせるでしょう。

まずは、検索エンジンでキーワード検索をした際、上位表示されるための対策をします。上位表示される条件は、「ホームページへの訪問者数が多いこと」「提供しているコンテンツの内容が充実していること」です。その条件を理解し、コラムやトレーニング動画の配信など、コンテンツを充実させるといいでしょう。

ホームページへの訪問者が少ない時には、一時的にリスティング広告を出すのも手段です。リスティング広告では、キーワードに関連するホームページが優先されて検索結果の上段や横に掲載されます。つまり、作成して間もないホームページでも、リスティング広告を利用すれば、上位表示されるのです。

リスティング広告はクリックされると課金する仕組みになっているため、しっかりと予算を組んでから申し込む必要があります。ただし、設定した予算を超える時は表示されない仕様になっているため、安心して予算内で活用できるでしょう。

チラシを使って集客する時のポイントとは?

チラシを作成して集客する時には、ターゲットを絞り込んでから配る必要があります。チラシの反応率は0.3%とも言われ、興味がなさそうな人にチラシを配布しても意味がありません。反応率が高くなるチラシを作成するためには、カラーで写真も入れるといいでしょう。

キャッチコピーや今までの実績・トレーナーの自己紹介などを記載するのも必要です。また、「無料体験」「無料相談」「チラシ持参で割引」など、見込み顧客が気軽に利用できる方法を掲載していると、反応率は高くなります。

さらに、しっかりと連絡先や地図・行き方を記載することも大切です。実際にジムへ行く方法がイメージできると、利用してみようという気持ちにさせられます。

SNSや動画配信を活用しよう!

SNSや動画配信を効率的に活用すると、パーソナルトレーニングジムの知名度が一気に上昇する場合があります。SNSには拡散機能がついているものもあり、実際に利用していない人が拡散することが多いです。多くの人が興味を持ちそうな投稿をしておくと、利用者や興味を持った人が共有し、知らない間に知名度が高くなっています。

SNSの投稿内容もパーソナルトレーナー独自のコンテンツを作るといいでしょう。「3分間トレーニング」などの動画を配信し、「もっと体験したい」「もっと見てみたい」と思わせる内容にします。共有や拡散率が高い動画にするためには、多くのユーザーが興味を持ちやすい内容を厳選することがポイントです。

トレーニングに興味を持っている人は、「体幹」「お腹痩せ」などのキーワードを検索して、情報を収集します。つまり、「お腹周りが痩せるトレーニング」「体幹が鍛えられるトレーニング」などを配信していれば、ユーザーが見てくれる可能性が高まるのです。

パーソナルトレーニングジムの場合、配信している動画に興味を持って利用者になる人もいるので、雰囲気のいい動画を作成すると、集客につながるでしょう。