Menu

パーソナルトレーニングジムを新規で開設したら、同時にロゴも刷新を

スポーツジムを利用するユーザーが増えてきました。日本は元々長寿の国ですが、より健康的で若々しい体のまま過ごしたいと感じる人々が増加してきており、老若男女問わず体を鍛える事への関心度が高まって来ました。一方でボディービルやスポーツの筋トレとは違い、あくまで自分のライフワークや目的に合致したパーソナルトレーニングを希望する人々も多く、個人の希望に沿ったコーチングを提供するサービスが求められています。

本格的なトレーニング施設だけではなく、パーソナルトレーニングの空間も

すでにスポーツジムを経営している方は、新しく一般ユーザー向けのパーソナルトレーニングジム増設を検討してみましょう。より多くの利用者を呼び込むことに成功すれば、より安定したジムの経営が行えます。ボディビルや筋トレに関心がある、いわゆる運動好きな男女だけではなく、健康的に長生きしたい、自分の体のコンプレックスを改善したいという素朴な悩みを持つ一般ユーザーを上手くジムに呼び込めれば、それだけで新規顧客の獲得が成功します。

幅広い世代と性別の方々に愛されるスポーツジムの方が当然経営状況は安定しますし、地元での評判も良くなりますし、経済情勢によって売り上げが上下する事も避けられるでしょう。今稼働しているアスリート向けのスペースの一部を、パーソナルトレーニングジムの空間に置き換える方法があります。

このやり方であれば、工事費用や改装のリフォーム工事費用を節約出来ます。パーソナルトレーニングジムに必要な機材やトレーナーを用意するコストで済みます。デッドスペースの有効活用にもつながります。

「ジムに通うならパーソナルトレーニングジムがおすすめな理由」

施設のサービス内容や雰囲気を変えた後は

本格的に体を鍛えたい方と、カジュアルにダイエットや筋トレを楽しみたい方は基本的に別々です。そのため、パーソナルトレーニングの施設を新しくジム内に設置した後は、カジュアルにスポーツジムを使いたい人々に向けて宣伝をしなければなりません。

ストイックに体を鍛えるアスリートのような人々にもパーソナルトレーニングは必要ですが、新規顧客の開拓を狙うなら、普段はあまり運動やスポーツをしていない普通の主婦や学生、サラリーマンの方々をターゲットにしなければなりません。

宣伝方法は色々とありますが、チラシやポスターの配布が効果的です。基本的なマーケティング対策ですが、新しく施設のサービス内容を増やした時やジムの器具やトレーナーを刷新して雰囲気を変えた後は、その旨を地元の人々に対して、大々的にアピールしなければなりません。

普通にポスターやチラシを配布するだけでも高い宣伝効果が得られます。ただ、同じ配布するならジムのロゴマークを印刷した方が印象的な広告となります。すでにスポーツジムのロゴマークがある場合でも、パーソナルトレーニング施設を増設した事を契機に、マークのデザインを刷新した方が良いでしょう。

パーソナルトレーニングを連想させる個性的なロゴを

ストイックな筋トレ施設をイメージさせる硬派なマークも良いですが、老若男女問わず広く一般ユーザーを呼び込みたい場合は、カジュアルな雰囲気を意識したいところです。マスコットキャラクターを新しく作り、そのキャラクターを新ロゴマークに採用するのも面白い戦略です。

あるいはすでに存在しているロゴマークの色やデザイン、フォントなどを少しソフトな印象にしてみるのも良いでしょう。ジム内にデザインソフトが触れるスタッフがいれば、社内でロゴ刷新の企画を進めてみるのも一つのアイデアです。

社内でロゴマークの刷新を済ませれば、費用削減に効果的です。ただし、パーソナルトレーニングを連想させつつ、カジュアルでユーモラスな雰囲気を醸し出せるシンボルマークやマスコットキャラクターを描くのは想像以上に大変な事かもしれません。

社内にデザインスキルとパソコンスキルを両方併せ持つ人材がいれば良いですが、なかなかそういったケースは稀です。パーソナルトレーニング施設の新ロゴマークを用意したい場合は、外部のデザイナーやイラストレーターにお願いしましょう。

プロのクリエーターに依頼した方がオリジナリティあふれるデザインに

大企業ではなくても、今では気軽に外部のデザイン制作会社や個人のイラストレーターへ依頼が出せます。インターネットの発達によって、今では遠く離れた地域からでも、ロゴマークやマスコットキャラクターのデザインをアウトソーシング可能となりました。

プロの方々は、依頼主の意図を上手くくみ取り、素敵で個性的なマークやキャラクターを迅速に仕上げてくれます。打ち合わせをネット経由で完結させられる会社や個人の方々も多く、多忙なジム経営者の方も安心です。パーソナルトレーニングジムのサービスを新規で始める事になったが、専用のマスコットキャラクターや個性的なロゴマークを制作してもらいたい、とパソコンやスマホ経由で相談しましょう。

相談だけなら無料な事も多く、クリエーターの数が増えたため、リーズナブルな価格で新しいロゴやキャラの図案を得られます。依頼する際は、どのような目的と意図があるのかプロのクリエーターへ的確に伝えましょう。可愛い雰囲気を演出したいのか、それとも老若男女問わず受け入れられるシンプルなマークを目指したいのか、そういった希望を相談メールに添えて問い合わせるのが大事です。

またキャラクターを制作してもらい、それをロゴマークにする場合は、ジムのイメージに合う動物やアイテムを伝えておきましょう。デフォルメの際、ベースになるモチーフがあった方がクリエーターの方々は作業を進めやすくなります。

ロゴマークが完成したら宣伝やグッズ制作に

ロゴマークが無事に完成したら、それをさっそく宣伝活動に活用しましょう。パーソナルトレーニングジムを開設した旨を知らせるポスターやチラシに、大きくプリントアウトすれば宣伝効果は抜群です。元々ジムを利用している人々にもロゴマークが刷新された事が伝わりますし、可愛いマスコットキャラクターや面白いアイコンが、ロゴマークになっていれば道行く人々にパーソナルトレーニングジムの存在を広く認知してもらえます。

続いて、新しいロゴマークをより広めるため、オリジナルグッズを制作してみましょう。ジムのノベルティとしてオリジナルグッズを制作して、会員の方などに配布します。Tシャツやハンドタオル、スポーツタオルやボールペンなどノベルティグッズの目立つところに、新しいパーソナルトレーニングジムのロゴを大きく配置しましょう。

それを身に着けた、もしくは利用した会員の方々が動く広告塔となって、ジムのサービスを自然体でPRしてくれます。